ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの資格を取りしばらくは資格を使っていませんでした。しかし介護職として働く中で腰を痛めてしまい、体に負担の少ないケアマネージャーに転職することになりました。

 

私はまだ30歳なのでケアマネとしては若いですし、経験を活かすということができにくいところがあります。しかし大学から福祉を勉強してきて、介護職として働いてきたことを活かして、自分なりに努力したいと思いました。

 

今まではケアマネの立てたケアプランに基づいたケアを提供する側でしたが、今度は自分が一人一人の人の生活状況、希望を聞き、プランを立てなくてはいけません。

 

自分の考えたプランに基づきケアが提供されるので、身が引き締まる思いです。

 

担当の高齢者、ご家族と信頼関係を築くことが何より大事で、これから時間をかけてもっともっと信頼されるように努力していきたいと思っています。